-格闘技と武術ってどう違うの?-

ざっくり言うと総合・空手(寸止め・フルコンタクト)・ボクシング・柔道などは体力や運動神経が重視されるスポーツ・格闘技であり、頂点を極めるためには「若さ」が必要条件になってくるでしょう。

一方、沖縄空手・合気道は(体力や運動神経というよりも)伝統的技術体系である武術で、物理・生理・心理をうまく使い力はそれほど使いません。そのため年をとっても向上が図れる面があります。

一般的に言って格闘技はガチなぶつかり合いであるのに対して、武術は伝統に沿った高度なトリックを使いガチになる前に仕留める技と言えます。別な言い方をすれば、相手は「あれれっ」と訳もわからないままに制されてしまうのです(もちろん当人次第では単なる剛の力にも負けるであろうほど、武術修行者は未熟な者たちも多いのも事実でしょう)。

過去の名だたる武術家は武田惣角にしても植芝盛平にしても当時としても体は小さい方です。さらに今現在の空手家の最高峰はおそらく宇城憲治先生がその一人であると僕は考えますが、彼も体は決して大きくありませんし年齢も68歳です。また僕が知る限りの最高の武術家はブルース・リーですが、彼も体は小さいですね。

これらのことは武術が決してガチの体力勝負でないことが推察できます。武術は体力差を凌ぎうる技術であるわけです。また武術はその技術体系が武器とつながってくるところもいわゆる格闘技と異なるところです。

素手を前提とした戦いであれば、体が大きいあるいは充実している方が強いのは当然ですし、その上戦う技術を知っていて、さらに経験値(試合や喧嘩など)があればそれら3つの要素に比例して強いのが普通です。

もう一つ、格闘技と武術の特徴について特筆すべきなのは格闘技は才能や頑丈な体躯があれば短期間で強くなることが可能であるのに対し、武術は時間がかかるという点です。

時間をかけて骨格そのものを「正しい姿勢」(この言葉はアメリカ在住の日本人沖縄空手家から『(上達するために)一番大切なものは何ですか』と聞いたとき返ってきた答えです)に矯正していくものとも言えるかもしれません。

格闘技は基本若いときにやるべきスポーツであり、武術は一生かかって精進すべきものなのでしょう。