-学校の勉強って役立つの?(2)-

今回は英語についてです。日本では今現在「教科」としては中学から学びますが、2020年度から小学5年生から必修化されます。ただ社会人になって実際に英語を使う仕事というのはどのくらいあって、どんな能力が要求されるのでしょうか?また、なぜ今、小学校で必修化なのでしょうか?

 

商社に勤めるサラリーマンメーカーの技術者はその開発のための参考文献(英語のものが多いと聞きます)や海外とのネィテイブあるいは外国人とのやりとりやらで使うので英語の「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能は必須です。外国人とじかにやり取りするのでそれなりの実践における能力が要求されます。

 

また翻訳ならば高度な読解力、通訳となるとネィテイブレベルの能力が要求されます。後者は基本的に現地での海外生活経験がなければ通訳を生業にして生活していくことは難しいと思われます(この職種は学生時代、『英語が得意だった』というだけのレベルとは次元が違うわけです)。

 

一方、学校や塾の先生ならば相手がネィティブの外国人ではなく、日本人の子どもたちですから「読む」「書く」が重要であって、「聞く」「話す」はさして必要ないでしょう(実際、多くの先生は英語でコミュニケーションをとる経験値もそう多くはないと思われますし、結果的にそのあたりのノウハウは多くはないはずです)。反対に受験英語の指導という技能、子どもたちの学力を上げるための指導能力が必要になってきます(このことは英語の技能そのものとは別のものです)。

 

僕自身は現在の仕事が学習塾講師なので高校生に英語を教えますが、必要なのは英語そのもので言えば英文を読み取る力あるいは英文法が主であって「英会話」の技能はほとんど必要ありません。逆に前職では文書は簡単なものがほとんどなので、訓練あるいは意識の改革が必要だったのは「聞く」「話す」技能でした。

 

また英語がわかり外国人と意思疎通ができるようになると「世界が広がる」のは間違いありませんし、異文化に触れること今まで当たり前だった自分の日本人的な価値観がひっくりかえされる面白さがあります。僕自身には英語を学んだ大きな恩恵の一つがこのことで、その意味で学校の勉強(の一部)は役立ったと言えます。

 

結局のところ、社会に出て英語が役立つかどうかの判断の多くは就く職種によるということです。また職種ごとに必要な英語の技能は限られてくると同時に、その内容が専門的になるということもあります(例えばエンジンの技術者ならばそのフィールドの専門用語を使いますし、学校の英語の先生ならば子どもたちが理解しやすく着実に身につくような英語の分析・説明などです)。

 

ただし、上に挙げたような英語をツールとして使う専門職は全体の仕事のうち1%という数字もあるくらいですし、今のところ多くの職場では英語はそう使われていないでしょう。

 

しかしながら、仕事ではなく英語を人生を楽しむためのツールとして学ぶと考えることもできます。

 

社会が国際化していることは否めない事実ですから、英語を多少なりとも使いこなせれば物の見方がグローバルになり、外国人との付き合いあるいは映画・本などを通して外国の価値観・文化などへの理解もより容易になるはずです。僕自身のことで言えば、いわゆる座右の書のうちの一つは英文でしか出版されていない作家のシリーズです。より人生を楽しむ可能性も広がるわけです。

 

ちなみに、英語は世界中で第二外国語としての役割をも担っています。僕は前職でメレーと呼ばれる小さなダイヤモンドを扱っていましたが、そのマーケットのあるインド・タイ・イスラエル・ベルギーで使われる言葉もすべての国で現地語ではなく英語でした。また個人的に付き合いのあるドイツ人・タイ人・韓国人との会話も現地語ではなく英語です。英語が使えると世界観が飛躍的に広がります。

 

最後に小学校から教科として取り入れることが決定されたことですが、本音で言えば正直僕はこのことには否定的に考えています。より大事なのは母国語である日本語だと思うからです。「二兎を追うものおは一兎をも得ず」と言います。僕は小学校のときには正しい日本語をしっかり学んでほしい思っているからです。まぁ決まった以上はそれに対処するしかないですけれども。